【山田くんとLv999の恋をする】第56話「よくあるやつだよ」感想と妄想

「山田くんとLv999の恋をする」プレミアム会員先読み第56話「よくあるやつだよ」の感想と妄想記事になります。

第56話 感想

こんばんは、セロです。更新前のチラ見せでニヤニヤしていて本編読んだらあとがきでトドメを刺されました。死傷者続出でみんなお墓に入ってました。なんすか……

以下、感想となります。

第55話の感想と妄想はコチラ!

第56話感想

これ見てTwitter大盛りあがりになって、しかも学校でなに!?ひよこ来ちゃう!?とめちゃくちゃザワザワして楽しかった…

「ねえねえ山田」と教室の隅々まで掃除中の山田に話しかける女子。髪の色はそこまで明るいわけではないけど制服の着崩し方とか化粧の仕方とかが高校のカースト上位を匂わせる感じ……の女が彼女持ちの山田に放課後暇かと尋ねます。山田掃除の仕方とか細かそう……そうやって茜ちゃんのことも一度気になったら隅々まで……やあねえわたしったら頭がそっちのほうにばっか働いてしまって……。帰って勉強するだけだと言う山田に「一緒に帰ってもいい?山田彼女いないからいいよね?」と言う女の子。そこに話を聞いていた椿ちゃんが「山田くん彼女いるよ」と爆弾を落とします……クラス中、そして学校中が大騒ぎ!!!大好きこういう展開♡♡♡三年間彼女作らなかったのによりによってなぜ今なのかと廊下が女子でひしめき合ってる、ような描写w女に興味無さそうだとみんな共通認識で安心していたらまさかの彼女!!!こっからは彼女の情報収集に入るんだろうな〜〜〜常識を逸脱した変な奴が出てこなければいいけどwしばらくは山田で話題は持ちきりなんだろうなぁwひよこでるの期待してましたが、ひよこは出ませんでした。

イヤホンする山田に、岡本くんから彼女が出来たことを聞いたと言う椿ちゃん。ここまで騒ぎになると責任を感じると言いますが、わたし的にはグッジョブ椿ちゃんでした!!!山田は別にどっちでも大丈夫と言い、言ったからと言って怒らないと笑う。茜ちゃんのことは隠すべき存在じゃないから、何なら自慢したいって?高嶺の花だしなぁ!?もしかして彼女いるって広まったの内心ニヤニヤしてたりしてないかぁ!?!?椿ちゃんがその笑みにドキッとしながらも、すぐに胸が締め付けられてるのが切ない……世の中の男は山田だけじゃないし、椿ちゃんめちゃくちゃ可愛くなったから幸せになってほしいよぉぉぉ……彼女さんと仲良くやってるの?という質問に対して、まぁ普通にと山田が答えると、「良かった私もフラレたかいがあった」なーんて答えて山田が反応に困った顔をして冗談を言ったつもりなのにオロオロしちゃう椿ちゃんが……かわいい。FOSのメンバーもみんな元気で椿さんのこと待ってると山田が伝えると、嬉しそうな顔で椿ちゃんは笑うのでした……。幸せになれよおおおおましろ先生幸せにしてくれよおおおおお

場面が、変わってしまったあああ。山田が微笑む先が、もしくは山田の微笑む理由が茜ちゃんだったら良かったなと前回妄想しましたが、無しでしたーーーそれでも顔が良いし展開がわたし得すぎたのでのーぷろぶれむです!

茜ちゃんは瑛太くんを、長谷川くんはレンくんを庇い言い合うコンビニ裏側。茜ちゃん、本日シフト最終日らしいです!!!寂しくなるね〜〜〜。茜ちゃんを男好きのビッチと誤解したので自分は女を見る目がないんだろうなという長谷川くんに、結衣ちゃんのことが好きなんでしょと聞く茜ちゃん。「ちょっといいなと思ったこともあるけど、でもそれだけだよ。よくあるやつだよ」えええタイトル長谷川かよ!!!でしたwレンくんとは付き合い長いし、男女のいざこざは嫌だし、向こうだって都合の良い男だと思ってると言うと、突然店長が入ってきてちょっといいなと思える人に出会えるのは貴重だと語り始めます。自分の胸をときめかせてくれる出会いは貴重だと。これ長谷川→結衣の話まだ続くんかな?なんか店長が長谷川くん焚き付けて、最後のバイト頑張ろうかとなってお話は終了でした。タイトルは何か重要な意味が隠されてたり?わたしは何も読み取れませんでしたwこの後は場面変わってレンくんたちの話をするか、山田がバイト先迎えに来る話か……何の話が来るんでしょうねえ楽しみです♡

なーんて思っていてページを捲っていったら「!?!?!?!?」と語彙力喪失するあとがき山田絵が待っていました。この絵を見るだけでもプレミアム会員になるべきだとわたしは思いました。

頭の中があとがきでいっぱい。30分以上あとがきページにいたのははじめてです。

第56話後 妄想

いやもう56話の妄想なんてしてらんねえ!この前ぴよぴよさんたちが来るんじゃないか妄想をしたので一応……はずしましたが期待していた展開です。

でももうわたしはあとがき山田で頭がいっぱいなので、あの絵で妄想をしたい…!!!

56話あとがきで妄想

 茜さんを膝の上に乗せて、重ねるだけのキスをどちらからともなく一回した。頬を赤らめながら俺を見下ろす彼女にそそられて、首裏に手を差し込み今度は強引に顔を近づける。目を閉じて、俺の性急なキスを必死に受けて応えようとする彼女の姿は、次第に俺の身体を熱くさせ、額から一筋の水滴が伝っていく。どちらのものとも分からない唾液をビチャビチャと絡ませ合い、口元から溢れさせているのに、一滴の汗を感じたことが気になったのか閉じられていた瞼が薄っすらと開かれた。

「山田……熱いの……?」

「熱いっすね」

 身体の熱は治まりそうに無かった。額の汗を拭い、ハーッと深く息を吐くと、膝の上に座った彼女が俺のカーディガンのボタンを外しているのが目に入る。焦点の合わない瞳とは別に、ボタンを外す行為の手際は良く、気付けばカーディガンは脱がされていた。続いてネクタイ。人に服を脱がされるのは初めての経験であったが、されるがままに身を任せるのも悪くない気分だった。ネクタイの結び目に手を掛けられている途中、再びキスをされ、身体は熱を取り戻す。少し時間が経ちネクタイが首元から緩められると、彼女の唇も一緒に離れていった。それが名残惜しくて彼女を見上げると、「まって」と口元に笑みを浮かべた彼女と目が合い静止される。そして今度はシャツのボタンに手を掛けられて、一つ、二つと外されていった。彼女の細い指先が時折素肌に直接触れるのが擽ったい。

「茜さん、いつまで待てばいいですか」

「なんか……山田にイケないことしてるみたい」

「茜さん、もういい?」

 細められた目は肯定の合図。しかし、両腕を動かないでと言われているように抑えられたまま、茜さんからキスを与えられた。俺が抵抗しないことが分かったのか、両腕から手は離れていき、肩からずり落ちたシャツの下の素肌に触れてくる。首筋から腕、腕から肩、肩から胸元。それはとても擽ったくて、でももっと触れてほしいという欲望が込み上げてくる不思議な感覚だった。自分が許されている行為は絡ませた舌を動かすことだけだったが、先程から抱えている身体の熱を鎮めることはできそうになかった。すると、訪問者を知らせるインターホンが吐息と水音しか聞こえないこの静かな部屋に鳴り響いた。彼女は我に返ったようにハッとして、素早く膝の上から降りた。

「茜さん」

「な、なに?」

「そんなのいいから早く続きしましょう」

 早く来て、と舌を出すと迷った顔をした茜さんは、俺の顔を固定するように顎に手を添えて、俺の舌を口内へと導いてくる。しかし、それは一瞬のことですぐに温もりは離れていってしまった。

「あとでね」

 誰だ邪魔をしたのは、と度重なるお預けに対して玄関の先へいる見知らぬ人間に恨みを抱いた。玄関へと向かう茜さんを見つめ続けると、何やら会話をしてから荷物を抱えて部屋へと戻ってきた。腕に抱えた荷物を茜さんから受け取り床へ置くと、すぐに腕を取って、強引にベッドへと連れていき押し倒す。

「山田……目が怖いよ……?」

「我慢の限界かもしれないです」

 身体の熱を全身で押し付けて、茜さんが同じ気持ちになればいいと期待を込める。顔を埋めた胸からは尋常じゃないほどの心拍音が聞こえてきて、顔を上げると先程の余裕さとはかけ離れた顔をしているのが目に入った。

「茜さん、顔真っ赤。熱いんですか?茜さんも脱がせますね」

 抵抗する茜さんに、自分は脱がせようとする茜さんの行動に大人しく従ったことを告げて黙らせることに成功し、茜さんの身に纏う衣類を一枚残らず剥ぎ取ったのだった。

一旦おわります

(谷やんだったら出なくていいけど、宅配だったら再配達大変だから出てあげてね♡)

57話の感想はコチラから!

次回更新は6月10日(木)予定です!うわ!ある姫と被るじゃん!会社お休みしようかな……(笑)

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

5 COMMENTS

氷魚

セロさん、おはようございます。寝不足です笑
いやぁ55話面白かったです♪私いつもは1回一気に最後まで読んでから読み返すタイプなんですが、今回はなぜか1頁ずつじっくり読み進めまして(彼女バレ待ち望んでた展開だし)本編全頁楽しく読み終わって満足してたところに、あの、あとがきですよ!なんですがアレッ!!エロ過ぎぃぃぃ!!!おかげで本編読み直しでもエロ思考から抜け出せません←見所いっぱいの回なのに!wなのでセロさんの妄想がもう楽しくて楽しくて!一旦終わりって続きはどこですか!?
彼女バレにガチ凹みも多いけど、あの山田君に彼女が!あの顔、あの声でどんな甘いセリフ言うの?どんな攻め方するの?とか萌えてる女子も沢山いると思うので、その子達に混ざってニヤニヤ妄想したいです笑そんな話、公式では見られない?ですよね(^^;
次回はどんな話になりますかね~?このまま続くのか、ちょっと違う展開くるのか、早く先生のチラ見せ出ないかなー。
ではでは、次回もブログ楽しみにしてます!いつもネタバレ&妄想更新ありがとうございます(≧ω≦)

返信する
セロ

>氷魚さん
いつもコメントありがとうございます〜♡♡
彼女バレ、最高の展開でしたよねえっ!わたしもじっくり読み進めてました!茜ちゃんとの絡みはなくてもおいしいな〜なんて思ってたら最後!!!笑
なんかもうエロ思考から抜け出せなくなりましてw早速妄想膨らませてしまいましたwww続き、書きたい……
先生のチラ見せが今から楽しみですよね!次はどんな展開がくるんでしょう〜ソワソワ

返信する
氷魚

あ…興奮しすぎて話数間違えてました…56話だった(/ω\)いや、それだけ、衝撃だったんですよあのあとがき!
追記投稿すみません(^^;

返信する
KA

お久しぶりです、更新お疲れ様です!コメント乗り遅れてしまった…!!
最新話は山茜の絡みこそあまりないものの、何だか少し丸く収まったような感じ(?)になっていましたね。
漫画内では、いよいよクリスマスや年末に入りますが、果たしてどんな爆弾が投下されるのかドキドキしますね~。
元々年末に実家帰省する予定はあれど、せっかくの山田との初めての年末年始の機会をどう過ごすのでしょうかね?
やっぱり、山田の勉強時間に気を遣って帰省して、夜はちょっと電話するくらいなんでしょうか…そして帰省から戻ってきたら開幕何をするのか…!?いやなんなら受験終わったらヤることは一つですよね!!!ね!!セロさん!!!(興奮)
ちょっと文章がまとまらなさすぎるので、あと3週間地獄ですが耐えましょう。
休載でも何かしらのイラストはあるでしょうし、それで妄想を膨らませましょうw
では、また次回の更新も楽しみにしてます^^

返信する
セロ

>KAさん
すみません返信めちゃくちゃ遅れてしまいました!!!Twitterで絡めたことが嬉しすぎて!!!笑
ながーい12月でしたよね(笑)クリスマス、年末年始、まだまだイベントが盛りだくさん!わたしも早く受験終わった後のヤることは一つの一つが早く見たくもあり・・・ちょっとまって~~~!と思ったりもし・・・(笑)
それにしても山田の更新のない6月は長く感じてしまいますね。あと一週間と少し。。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。