【山田くんとLv999の恋をする】第53話「山田さんてときどき」感想と妄想

「山田くんとLv999の恋をする」プレミアム会員先読み第53話「山田さんてときどき」の感想と妄想記事になります。

第53話 感想

こんばんは、セロです!

前日の21:30頃までは記憶あったんですけど、アラームセットし忘れて起きたら2:00前。別にいいんですけど、山田は更新日にフォロワーさんと盛り上がる楽しみがセットでついてきてより楽しみなので、楽しさ半減……こんな引き続きの神回を一人ひっそり楽しむの辛すぎる……

以下、感想となります。

第52話の感想と妄想はコチラ!

第53話感想

えーまず、52話が過去の出来事になってなくて安心しました。告白回も、たこやき回も、神回43話も、すべてその後が描かれてほしいと妄想しては次のお話に移ってしまったので(明日朝起きたら、で茜ちゃんの部屋に入っちゃうもしくは山田の部屋にで何通り妄想したことかwww)今回はまだまだ前回の神回続きということに、それだけで飛び跳ねましたーーーいやチラ見せからテンション上がっていたけども

谷やんのターン。茜ちゃんみたいな可愛い女の子とは別れさせたい谷やん。えっ前回のキスシーン見てた?そんな簡単に別れさせられると思うなよ!でもでも谷やんから山田は童貞ってワードがでましたねっっっ♡♡♡いや童貞じゃなかったらお前いつどこで誰とどのようにやったんだと気になりすぎて眠れなくなりますが……ああもうこれはフラグ?フラグかな?と谷やんページで既にお腹いっぱい。イライラしながら水差し出す山田がよい。谷やんは茜ちゃんが静かなことを気にしますが、わたしからしてみれば彼氏からお前と距離をとれと言われているからだよニヤニヤニヤニヤという感じで。なにをしててももう山茜でごちそうさまです。元気ない理由に「FOSで友達と喧嘩した」って答える山田に、いやお前のせいで話さないようにしてるだけなのに何しれっと事実と織り交ぜてそれっぽいこと言ってんの!?と思ったりもして。ああまだ2ページ目!!!「あれは慰められ待ちだろ!」という谷やんに「マジすか…俺ダメっすね」とボケーっとギャグ顔してきた山田の真意は?wwwしきりにパンツを気にしてる茜ちゃんがいるってことはぜったいこの後パンツ穿いてないことがなにか関係してくるはずっっっなんだっっっ!!!だからダメだ別れろと山田に言う谷やん。手本を見せてくれることに。女の子慰め慣れてない谷やんもいい…!女の子は共感してほしいものだと今自分で言ってたじゃない…!搾取ゲーだから5年もすれば友情も集めたアイテムもすべて消えるのだ、真の敵は運営なんだと熱弁する谷やんwwwww

そして谷やんの慰めに対して、「心配してくれてありがとうございます」と言っただけで目がハートになって「好き♡」となってしまう谷やん可愛すぎ!!!お前はキャバのおねーさんに搾取されないようもっとがんばれ!!!そしてその谷やんをすっげえ顔して蹴り飛ばす山田ァァァァァァァァァァこれはっっっキレてる気がするぅぅぅぅぅ何しても基本怒らないし多分静かにキレるタイプな感じだったけどこんなにも嫌悪感全面に出してる山田も珍しい…!ああ一つ一つにキュンキュンする!そして茜ちゃんの「私も酔ってるときあんな感じ?」と山田に聞いているのには爆笑しました。君は酔ってるときも可愛いよ。初期じゃなくて焼肉回のときのことね。

それから一時間が経過し、ソファーでいびきをかいて寝る谷やんとベッドに寝そべる山田とベッドに腰掛ける茜ちゃん………………(つд⊂)ゴシゴシ ソファーの谷やんとベッドに寝そべる山田とベッドに腰掛ける茜ちゃん…………(つд⊂)ゴシゴシ(つд⊂)ゴシゴシ(つд⊂)ゴシゴシ

今日家にいればよかった、と言う茜ちゃんは別に慰めてほしいわけではないからと付け加える。その後ろ姿を見た山田は、どうしてあの人と仲良くなりたかったのか?と尋ねる。山田が他人に興味を示すのは茜ちゃんのことだけなんだよなぁぁぁ。楽しかったから、でもゲームの中だけで完結しておけばよかったと後悔する。そんな茜ちゃんの後ろ姿を眺めながら、瑛太くんからの「それとなくレン君の彼女と距離取るように言って」というメッセージに返信をする山田。

返信して、当たり前のように山田からキス………………思考停止。

 

 

 

頬に手を沿えて自分の方に顔を向けさせてキスするの、なんか上級者すぎてそれだけでお腹いっぱい。わたしの萌えシチュの一つに追加されたので今後あらゆるジャンルで妄想するときに推しカプにこれやらせてるにちがいない。あと山田はキスするとき目を開けたままする派(茜ちゃんのキス顔ガン見)なのがまたよくわかって萌え萌えの萌ええ。

「茜さん、俺ね」

あざといドアップ山田!!!!!!こっから何が続くのおおおおおおおおお

いやもうわたしの願望を優先するなら「初めてだから優しくシテ?」な顔でもいいんじゃないかなあって!?!?!?!?純粋な愛の告白でもいいよそれでも泣き叫ぶよでもね!?顔があざといんだよおおおおおおおおおお冒頭で谷やんが童貞ってわざわざみんなが知ってること言ってきたじゃんんんんダメ!?!?!?!?

場面変わって瑠奈ちゃんが(久しぶり可愛い愛してる)瑛太くんのスマホ見て笑ってます。山田から変なスタンプがきてました。「山田さんてときどき変なスタンプ送ってくるよねー」瑛太くんも「顔うざー♡」って言っててほのぼの佐々木兄妹で53話終了でしたーーー山田スタンプ販売してくれえええーーーーーーーー

さてさて、寝れん。俺たちの夜はこっからだと言わんばかりの展開!!!これで次回こそは「翌日」とかになっちゃったりするんかなああああギクシャクした二人の回想シーンからスタートでもまあいいけどね、この後の尊い二人のベッドシーンが見られるのであればどんな形でも……ウフッウフッウフフフフ

二週間がなっっっげえ!!!!!!!ほんとにましろ先生萌えを、生きる意味をありがとうございます!!!!!!!

第53話後 妄想

52話から妄想したものをpixivに一つあげてます。まだ、まだこういう展開を諦めなくてもいいのでしょうか!?

もうさそっそく別のお話が書きたい……。もうわたし山田がすけべにしか見えなくてすけべな妄想しかできない……即席妄想なのでめちゃくちゃ雑ですが早速始まります。以下、妄想

「茜さん、俺ね」

「うん……?」

「初めてだから」

「……なにが?」

「セッんん」

「なななな何考えてんの!」

 谷やんさんが同じ部屋で寝ている中で、同じベッドに居ることすらいたたまれないのに。キスして、更にはその先だなんて、山田の考えていることは全く分からない。思えばたとえ緊急事態とは言え全裸を隠そうともしないし、キスをしたって表情に変化があるわけでもない。羞恥心というものが山田には存在しないのかもしれない。しかし、今日の谷やんさんへの牽制は、普段の山田からは想像できない態度でもあり、色々なことが突然に起こりすぎる今日という一日に私は戸惑っていた。

「またあの人のこと考えてる?」

「えっ、今はちがうんっ」

 再び重ねられた唇のことで頭がいっぱいになっていくと、腕を引っ張られて膝の上へと乗る体勢へと変えられる。私が山田を見下ろす形となり、下から山田が覗き込んできた。

「ダメ?」

「そりゃいつかはって思ってるけど、すぐそこに…」

「谷さんはああなればもう起きないですよ。しかも酔っぱらいってその時の記憶ないんですよね?前に茜さん言ってましたけど」

「で、でも山田から告白された時のことはちゃんと覚えてるし…!」

「ふうん、そういう日もあるんですね。今日はどっちなんでしょうね」

 十分に密着した身体に、さらに腰を引き寄せられて、口付けられて、山田と接していない体のパーツはもう一箇所も存在しなかった。首の後ろに沿えられた手により深く口付けられて、反対側の手は腰から下へと撫で回されていく。布一枚越しに触れられているのと変わらないのではないか、下着の境目が無いことに気がつくだろうか、などと下半身に意識を集中させると、今度は繋がったままの口から舌を差し込まれて山田と目が合う。至近距離故か、あまりにも強い視線に耐えきれず目を閉じると、舌の絡み合うことで発生する音や動きがより一層鮮明になってきた。再び目を開けると変わらず涼し気な顔をして私から視線を外さない山田と目が合い、羞恥心でどうにかなりそうだった。

 執拗な口付けからやっと解放され、軽い放心状態に陥っていると、山田は身体を少し丸めて胸に顔を埋めてきた。そのまま一度大きく深呼吸をすると、顔は見せないまま低い声で言葉を発していく。

「俺じゃ話は面白くないからあの人の代わりにはなれないと思うけど」

「え…?」

「あの人と遊んでた時間、これからは俺と一緒にいてくれませんか」

「山田……」

 受験生のくせに、私を第一優先に考えてくれて、慰めようとしてくれている姿勢に胸が熱くなり涙が込み上げてくる。

「ありがとう」

 すぐ泣く弱い女には見られたくなくて、胸に抱えた山田の頭をきつく抱きしめた。それが合図かのように体勢を逆転させられて、いつかの日のように上から見下される。違うのは、山田の部屋で、床の下ではなくベッドだということと、夕食後だと言うことか。たったそれだけのことなのに、その差は今の私達にはあまりにも大きい。

 全身を優しく撫で回されて素肌に触れられ、何度もキスをして。もう山田のことしか考えられなくなった。もっと、もっとと山田を求めて全身が疼いてしょうがない。

「山田…せめて電気を……」

 そう発してリモコンの置いてあるであろうテーブルの方へと視線を向けて青ざめる。いや、何が違うのは山田の部屋かどうかだ。もっと大きな違いがすぐそこにあるではないか。

「ん?電気?俺このままでいいんですけど」

「無理!!!」

 すり寄ってくる山田を勢いよく押しのけて、ベッドの端へと移動し身を縮こまらせた。

「は?何急に。あ、俺なんか間違えました?初めてなんでそれなら教えてもらわないと…茜さん?」

「こここここういうのは二人きりのときにするものであって」

「でもすっげえいびきかいてるじゃないすか」

「ふがーっふがーっんがっ」

「寝てるからいいってものじゃないのー!」

「もっと分かるように説明してもらえます?」

 私と山田の攻防は谷やんさんのいびきをBGMにしばらく続いたのだった。

続かない

一線を越えてほしい…でも越えないギリギリのトキメキをずっと保ってほしい…でも最上級のイチャイチャを見たい…こんな悩ましい作品は山田だけです。ああお下品な妄想(いつも)失礼いたしました。 

54話の感想はコチラから!

次回更新は4月29日(木)予定です!ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

6 COMMENTS

セロ

>あーみさん
コメントありがとうございます!返信が遅くなってしまいすみません;;
早く谷やん追い出さないとですね!!!!!!!

返信する
氷魚

セロさん、おはようございます!
まずは…前回コメントで「神回は続かない」なんてほざいてしまい、誠に申し訳ありませんしたぁぁぁ!ましろ先生とセロさんに全力で土下座ッッッッ!!
続いたよひゃっほうーというわけで、前回に続きコメント欄にお邪魔してしまいました(^^;

あざと可愛い年下彼氏強すぎますね!普通に考えたら、ゲームの中にとどめておけば良かったの後だから出逢えてよかった的な事が妥当なんだろうけど…私もR展開希望です!想像の斜め上を行くましろ先生だからワンチャンありませんかね?谷やんがいる時点で最後まではないにしても、パンツフラグ回収してないしお触り位あってもいいのでは!?いいと思います!
妄想ストーリーもう最高です!この話が続く世界線はどこですかぁ!?セロさんの妄想を希望にまた2週間生きます。次回更新も楽しみにしてますね!いつもありがとうございます!毎度、長文すみません(><)

返信する
セロ

>氷魚さん
早くからコメントいただいていたのに返信が遅くなりすみません~;;
うふふ!神回続きましたね~~~♡正直わたしも1回限りかなあなんて思っていたので、まさか2話連続!攻めの山田!!!
氷魚さんのコメント見て「出会えてよかった」かあ!!!!とめちゃくちゃ納得して自分の恥ずかしい考えを改めましたwwwwwwwwwww
でもそうなんです!パンツフラグ・・・わざわざパンツ取り上げてきたし・・・パンツ・・・
54話が後日、のスタートだったらこのスケベな妄想の続きでも黙々と考えたいと思いますwwwありがとうございます(*’ω’*)またわたしもお話できるの楽しみにしてます~~~♡

返信する
KA

更新お疲れ様です!!
なっ、なんと仕事の早い………小説も最高にすけべでニヤニヤしました^^
「俺ね」の後、どうなるんでしょうね?もしかしたら翌日になって、結ちゃんと仲直りする時に、「俺ね」のあとの山田の言葉を思い出すのでしょうか…。
山田との出会いも元々はFOSなので、ゲーム内で完結しないで良かったって、山田なりに慰めるのかなーと。
「やなこった」なアフロスタンプ見る限り、仲直りさせようと後押しするのかな?なんて思っています。
個人的にはこのまますけべな展開があっても……と私欲が沸き立ちますが、単行本描き下ろしの時のように、その日の夜は単行本に収録されるか!?とも考えてます^^
なんだかんだ普通に結と仲良くなりたかった茜を見ると、結にも「目を覚まして!」となりますし、茜も応援したい……そして何より、もっと山茜のイチャイチャを見たい!!!
というわけで、セロさんの妄想の続きも待ってます♡
長文失礼しました、次回の更新も楽しみにしています!

返信する
セロ

>KAさん
コメント遅くなりすみません;;いつもありがとうございます♡
もう!!!!KAさん!!!!!最高すぎて死にました!結衣ちゃんと仲直りからの山田の回想、めちゃくちゃ想像ができて!!!
すぐ頭がスケベな方向にいきたがるのですが、KAさんの展開予想がきそうな予感しかないです!すごすぎる!!!茜ちゃんの心残り具合がずっと続いているので、次ではっきりしそうです!
いつも単行本の描きおろしが神ですからね・・・次回は告白シーンあたりなので、焼肉で介抱する山田か、「明日朝起きたら」のハグの後、とか、、だめですどのシーンも良すぎてニヤニヤが止まりませんw
もっともっとイチャイチャしてほしい・・・でもKAさんの感想にもあったように急激に進展すると「ちょっとまって!」となるのもわかりますwww
来週の木曜日もめちゃくちゃ楽しみですね・・・ああ楽しみすぎて・・・♡

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。