【再婚承認を要求します/재혼 황후】韓国原作小説要点メモとプチ感想⑲(219話~225話)ネタバレ注意

ライン漫画で毎週月曜日に連載されている「再婚承認を要求します」の続きが気になりすぎて原作小説を翻訳しました。以下原作のネタバレとなりますので、ご注意ください。

第219~225話の感想

こんにちは、セロです!いつも閲覧・コメントありがとうございます♡もうあと5週で終わり~と言っておいて、早速10話書く気力が無く6週になったことと、外伝の無料開放も始まったという情報をいただいたので!まだまだ続けられそうと楽しみが続いたことにホッとしております♬これからもすえながーくお付き合いいただけたら嬉しいです(*’ω’*)1週間に1話じっくり感想書いていくスタイルになるのかなあ~漫画はそろそろ離婚だけどこっから長いもんな~~~

前回はソビエシュ(19)が西大帝国へ来ちゃって、夜にソビエシュ(25)がフラフラ歩いていたらナビエ様に見つかっちゃってさあどうしよう!なところまででした!いつも通り翻訳アプリに頼りっぱなしの意訳なので、間違っている部分たくさんあると思いますが、メモとして読んでいただけると幸いです。

そうそう、遂に韓国語の勉強はじめて、母音・子音・複合母音までいったので次は濃音?っていうやつに入ろうとしているところになりました!!!珍しく勉強が続いているので頑張りたいです。そうしたら少しでも意味のわからないところも原文読んで単語検索とか書けたりしてもっと精度上がるかもしれない…!まあ冷めやすいので明日にはやってない可能性あるんですけどねwww韓国語の勉強方法とか超初心者におすすめなのあったら情報ください…!ちょう初心者です。学生の頃の外国語専攻は中国語だったので、本当に基礎中の基礎からやってます(; ・`д・´)すみません、いつも話がそれます。

ここから先はネタバレ含みますのでご注意ください!

原作小説はコチラから!

네이버 시리즈 (naver.com)

日本のラインでアカウント登録ができるので美しい挿し絵をぜひ見てくださいませ・・・一応結末は前にネタバレを読んだので知っていますが、細かいところは全くの未読なのでネタバレは無しでお願いいたしまーす!

再婚承認を要求します|漫画無料・試し読み|LINE マンガ

219話~225話まで一気にいっきまーす!

219

・「ナビエ…私は…」「謝りたくて来た?大丈夫か確認したくて来た?嘘もお上手ですね」「ナビエ」首を振りナビエが扉を開けようとするのを止めるソビエシュ。「魔力調査を行うために来たんですよね?陛下は以前から西大帝国を疑っておりましたから」ソビエシュの呼びかけを無視してナビエは続ける。「率直に言います。陛下が謝罪に来たと言って少し期待もしました。帰ろうとは思いませんが、許す心の整理をしていました」泣いているような声で自分を呼ぶ声を無視するナビエ。「19歳のソビエシュは違うだろうと思ったのに。それさえも嘘だった」「…魔力の減少に興味を持っているが、君に対する罪悪感が無くなったわけではないよ」ドアを開けるとソビエシュの護衛が驚いたようにナビエを見た。「どうかナビエ、君も知っているだろう。私が東大帝国を愛しているからと言って、君を愛していないわけではないということを。魔力減少を心配しているからと言って君を心配しないわけではないと」「分かっていますよ。ラスタさんを心配しながら私を心配するあなたですから。私が知らないわけないでしょう」(すっげえ皮肉www)自分の言葉がソビエシュを傷つけている自覚はあった。ランドレ子爵から聞いた喧嘩の話やエベリーを迷わず送ってくれたことも、馬車の中で交わった暗い視線も。心配しているのは本当かもしれない。けれど、ソビエシュの中で自分の心配への優先順位が低いことに腹が立った。私を心配するフリをして大きな心配毎である真の目的を隠してきたのだから(ソビエシュ的には逆なんだけどなあ…)「目的があって来たのなら隠さずにそう仰ってください。申し訳ないフリをするんではなくて」「ナビエ、そうじゃない。君は私について知っているじゃないか」「分からないです」「ナビエ」「私はあなたについて何もわかりません。私が知っているあなたは、他の人を愛しているからと私を追放するような計画を立てる人ではありませんでした」「!」「でもあなたは私が予想しなかったことをしたんです。その時知りました、私はあなたについて何も知らなかったんだと」ナビエは振り返らずに部屋へと戻った。(はじめて?時間も空いて思っていることをナビエ様は言えたんじゃないかなあ。前結婚式の時に会った時はただただ傷つくソビエシュが自分を恨んでくれで終わって、お互いちゃんと話をしたっていうわけではないし…どちらの心理描写も見てきたからお互いの考えていることが分かってはきたけど、二人は本心を口にするタイプじゃないからまだまだすれ違うんだろうなあ。もう結ばれることは無かったとしても、お互いスッキリした気持ちで未練なく前に進んで欲しいと思ってしまう…まあこれでナビエがどれだけ傷ついたかをソビエシュ(26)は知ることができたので良かった。一歩前進。)

・ソビエシュは部屋へ戻り声を押し殺して泣いた。二年、いや一年だけ時を戻せたらどんなに良いだろう。自分の意志でここへ来たわけではないのに、ナビエに謝罪するフリをして魔力調査をしに来たわけでもないのに。(たしかにかわいそう笑)それでもコシャールを追放させたときの気持ちがわかって申し訳なく思う。ラスタの悪い噂を流したのではと疑った時、ナビエの名前を借りてラスタにプレゼントを贈った時。どれほどナビエは自分のことを恨めしく思っただろう。(本当にみなさんの仰る通りここでも因果応報だったというわけですか)「ナビエ…」ベッドに座るナビエの幻覚が見えた(このナビエ様の挿絵が至上最強に可愛いんですよ…ナビエ様=お美しいという印象が先にくるんですが、ソビエシュの幸せだった時代のナビエ様の微笑みなので、たぶん19歳。とても愛らしい…。切なくなってくる…うううっ)怒りの矛先は19歳の自分へ『今更何をしようというんだ。そうでなくても嫌われているのに。狂ったか?』万年筆で書きなぐるとカルル侯爵へと渡す。そして、19歳の自分を消す方法を考えようと告げた。(ソビエシュ(19)の幼さ、わたしは結構好きなのでソビエシュ(25)の鬱状態が続くなら残した方が…ナビエ様に迷惑かけちゃあ困っちゃうけど…)

・憂鬱な気分のナビエは侍女から「人を傷つける言葉を使うと自分も心に傷を受ける」という話をされ、納得した。ソビエシュが傷ついていることを感じていたからだ。そして記憶がないと言っていたソビエシュが記憶を持っていることも気になった。モヤモヤしたまま執務室へ向かうと、鳥の姿をしたハインリが窓を叩いていた。「何でその姿をしているんですか?あなたは仕事をするべきで、遊ぶ時間は無いはずです」するとカーテンに身を隠して人の姿に戻ったハインリが見せたいものと相談したいことがある、と言う(これはこれはwwwwwwwwwww)再び鳥の姿になったハインリに呼ばれて、ナビエも外へと出る。少し歩くとそこには広い平地があり、柱がまばらに建てられていた。なにこれ、とキョロキョロしているナビエにハインリ(クイーン)は一つの柱を翼で指さした。「巣」(wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)木の枝で作られた巣だった。クイーンは頷いて巣に座って目を細めた。まるで笑っているかのように。「まさか、巣を自慢するためにここへ呼んだんですか」(温度差wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww仕事命のナビエ様に仕事放り投げて巣を作ってる&ナビエ様の仕事もサボらせるという鳥(19))巣や柱には宝石がたくさん散りばめられているように見える。そして人の姿へと変わり服を着たハインリが口を開く。「私たちの子供に与える巣です、クイーン」「……」「どうですか?クイーン。何か気になりますか?」自慢げなハインリに狂ったの?と問うことはできなかった。(wwww)「とても……高くないですか?」気に入らないところはたくさんあった。子供をあんなところで寝かせるなんて。遠回しに気に入らないと伝えると、「普通なんです。私たち一族の赤ちゃんは高いところが好きですし、勇敢な子供はもっと高い巣を作って欲しいと伝えたりするくらいです」「落ちたりしたら」「飛び立つでしょう」「そこから落ちると幼児は死にます。鳥も赤ちゃんの時は飛べないですよね?」「我々の一族は普通の鳥よりも早く成長します。クイーン、そこまで心配しないでください」私の背より高い巣を作っておいて心配するなって?「そしてクイーン、真剣に相談しないといけないことがあります」「これも十分真剣に相談する必要のあることですが」「もっと装飾にこだわりがありますか?」「装飾の問題ではなくって…」高すぎるんだって!!!頭は痛いが憂鬱な気持ちが少し消えるナビエであった。(育児方針毎回食い違う二人が可愛すぎるwwwwwwwwwwwwwでもここまで子供に積極的なパパは可愛いんじゃないかwww性格とか育った環境とか違うからこそなんだろうけど面白いな。結局これまでの争いはどっちの意見が優先されるようになるのか確認するのも楽しみですw)

220

・「魔力減少の話です」ハインリからこの話をされるのは初めてだったので緊張するナビエ。(要約あっていますかね?→魔力減少はハインリが始めたことではなく、先代?たちの東大帝国との戦争準備から既に動いていたこと。しかしハインリが何らかの力、多分ハインリの魔法によってその動きを速めた。魔力減少を起こしているのは「マリョクソク」石のこと???エベリーの首飾りにあった石かな?だから、戦争を放棄するということを決めた時にハインリは自分の一族と地下騎士団の助けを受けてマリョクソクを回収したのだという。ソビエシュはこのことに気付いていて、自分の国の魔法使いたちとアカデミー魔法士に石の使用を一時禁止させている。全てがバレる前に石を回収しに行かなければいけないというハインリ。数日城を離れるかもしれない、これが大事なお話でした)

・ハインリが席を空ける時に皇帝の仕事が自分に務まるのかを考えている頃(さすがナビエ様)、ソビエシュから箱が届く。木箱には桃が三つ。「君を思い出して買った」という手紙が添えられていた。ナビエは蓋を閉じて、気が狂ったとは聞いていたがここまでとはと呆気にとられた。夜が明けたら桃を送るって?

・ソビエシュは箱を返されて、対面上受け取るかと思っただけに少し寂しくなった。ナビエと些細なことで言い合いはしてきたが、大きな喧嘩をしたことがなかった。どうやって謝罪したらいいか分からず目の前が真っ暗になっていた。するとしわくちゃになった紙が入っていることに気付く。「話して数時間も経たないうちになぜこんなことをするの?少しでも申し訳ないという気持ちがあるなら帰って。本当に図々しいですね」「…数時間前?」ソビエシュは夜の自分がナビエに会っていたことを知らなかった。重要な話をしたようだ、それならメモにそのやり取りを残すべきではないのか?何をしたらナビエが更に怒るんだ?いやそれよりも仲良く夫婦として過ごしてきたナビエと勝手に離婚したのは誰だ?「気に入らないな」(ソビエシュ(25)VSソビエシュ(19)の戦いが勃発したんだけど何するのこれからwwwwwwwwwwwお互い傷つけあってもただの自傷行為だから止めてよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwまじで)

・海賊船?に乗るエルギの元へ鳥が伝言を持ってくる。「ブルーボヘアンにあるマリョクソクを回収できないか?」(このあたりの描写、何言っているのか全然わからなかった…エルギが協力するのかどうかも分からない…目的を全て達成したのかも…)

・ソビエシュに苛立ち、ハインリに罪悪感を抱え、皇帝の業務をどうするか等悩みが尽きないナビエの元をカフメンが訪ねる。この前氷の魔法士と何を話したのかを聞かれ、「あなたにはそれが分かっていますよね?」と尋ねると、カフメンはその魔法士の心情は分からないのだという。そして、3歳児が描いたような絵を見せられ(ナビエ様自分も絵のセンスが無いけど自覚ないところが可愛くてしょうがないwww)、魔法士からナビエに渡してほしいと頼まれたのだという。しかし見ても見てもその絵が何を現しているのかはナビエにも侍女たちにも分からなかった。(まさかこの世界の人絵が下手な人ばっかりとか?暗号的なほう?www)

221

・ランドレ子爵がルベティ(ロテシュの娘)を見つけたとナビエに報告し、自分の元へ連れてくるようにナビエは命じた。部屋から出て歩いていると、庭にある危険な池の前に立っているソビエシュを見かけてナビエは飛び降りるのではないかと錯覚しランドレ子爵に止めるよう命じる。手元からは氷の塊がぽろりと落ちたが、ランドレ子爵がソビエシュを止めることに成功したようだった。しかしなぜ自分が止められているのか気付いていない様子。「私が止めるように命じました」「そうなんだ」ソビエシュはそれなら構わないと言わんばかりに照れ臭そうに笑った(何がしたいん19歳wwwwwwwwwwwwww)「ナビエ」「礼儀を尽くしてくださったらと思います」なぜ死にたいと思わないはずの19歳のソビエシュが池に飛び込むかもしれないと思ったのか、ナビエは足早にその場を去った。

・カルル侯爵は夜のソビエシュが考えていることを知り、復讐のために池に飛び込もうとしたのではないかと心配する。「カルル侯爵、もしかして最近悩みある?」否定するカルルにソビエシュは笑うと背を背けた。ソビエシュは夜の自分は全ての元凶のくせに重要な情報を共有しないことを不満に思っていた。そして、一度衝撃を与えたら夜の自分が消えてしまったりしないだろうか、と思ってしまった。カルル侯爵は夜の自分を本物だと思っている、だから私は信用してはいけないと結論付けるソビエシュだった(まじてソビエシュ(19)一人でどこへ行こうとしてるの???これソビエシュ(19)単品で作品作っても面白いと思う。夜になると違うことされていて、でも自分のことをみんな偽物だと思ってる、自分に味方はいない、でも自分が勝つためには…的なところで戦っていく話あったら読む笑)

・ソビエシュが帰るのを、ルベティが来るのを、ハインリが旅立つのを、子供が生まれてくるのを待っているナビエ。ある日、庭を歩いているとバランスを崩すが身体を支えられる。そこにいたのはカフメンの友人の魔法士だった。ランドレ子爵が剣を抜く前に凍らせてしまい、そのまま眠ってしまう。「私が送ったアレ、見た?」貴族だと知らないはずなのに、全て知られているとナビエは悟った。「どうだった?可能だと思う?だめだと思う?」ナビエは紙を取り出して「何を描いたのか理解できない」と告げると、「ダム、宝石とてもたくさん」と絵に描かれた内容を口にした。ナビエは急ぎ設計しを呼ぶことにした。(協力してくれるってこと?ナビエ様は何も話していないし、魔法を教えて欲しくて自分でダム問題にとりかかろうとしていたことを考えると…彼も人の心が読める部類の魔法使いなのか???なんか何でもありになってきたぞ…魔法使えないソビエシュが小さく見えるじゃないか…)

222

・「リルテアン大公が消えました!」ナビエの元に副官がやってきて叫んだ。ハインリの誕生日パーティーで赤い塔に閉じ込められているはずだった。ナビエは何かに気付いて「もしかして私に報告していないことがあったりしませんか?」と聞くと、副官は肩を震わせた。ソビエシュは西大帝国側がリルテアン大公に直接罪を問うことを黙認したから国際問題に発展するはずがないのに、朝早くから慌てる様子に私の知らないことがあると感じるナビエだった(非道なハインリのあれねwww)

・えーとここからリルテアン大公の逃亡劇になるのですが…この人ハインリによって口の中に石詰められて縫い付けられたっていう描写があってですね…それが継続中?と言いますかなんか余計グロイことになっててギュンって(わかります???ときめきのギュンじゃなくて痛いのギュンです)なってしまって読むのが恐ろしいです助けてくださいwwwwwwwwwww何度もお話してますが進撃の巨人読めていることが奇跡なくらいグロイのNGなんですwwwwwwwwwもう巨人に人とか調査兵団がむしゃむしゃ食べられてるの最初トラウマすぎて…特にミケの捕食シーンはガチのトラウマ…ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああってレベルなので割愛しますね、ちょっとお尻読んで大事そうな部分引っ張りますね。なぜか雨の中逃亡したリルテアン大公に傘を差し伸べた人がいて、首都で会うべき人がいると告げて場面終了です。ソビエシュのことかな…?

・ハインリは天使のように眠っていた。乱れた髪すら愛おしく感じて、頬に何度も手を滑らせてから耳元で「ハインリ」と呼ぶと、「クイーン。ナビエ」と瞼が開いた。ハインリは首にキスをして、まだ起きる時間ではないと言う。「ハインリ、副官やマッケナが大事なことを伝えませんでした?」(もう!!!良いドキドキする雰囲気なのにいっ!!!!!!)「そんな話はありませんでした。多分マッケナが大事ではないと判断したんでしょう」ナビエは疑わしいと思った(wwwwwwwww副官あんなに焦ってたのにねwww)副官は自分がこのことに関して口を開けないことを分かって欲しいと哀願したので、直接ハインリに尋ねることにしたのだ。ナビエは起き上がるとリルテアン大公は脱出したことについて言う。「大公ですか?」ハインリはにっこり笑ってナビエの膝の上に頭を乗せた。「ソビエシュの認可を受けて罰したのに関係ないじゃないですか」「私もそう思います」「ところでなぜ副官は真っ青になったんでしょうか?ハインリ、なぜだと思いますか?」ハインリの頬を引っ張るナビエ。(イケメンがびよーんと頬伸びちゃって可愛いwwwwwwwwwそれでもイケメンなハインリ)

・翌日、頬が真っ赤になったハインリを見てマッケナはお腹を抱えて笑った(wwwwwwwwwwwwwwwwマッケナほんと好きwwwww毎回言ってるwww)リルテアン大公が逃げた話をすると、マッケナが状況について話す。(ハインリは本当に知らなかったみたいwww可哀想にwwwまあ色々なことをしたのはハインリなんだけども)「あ!それで皇后陛下は知ってしまわれたのですか?陛下がその…大公の口に石を入れてつなぎ合わせたことを…」ハインリは両手で顔を隠した。「クイーンが一緒に居られないゴミだと思ってしまったらどうしよう」「捨てるでしょうね…」「マッケナ!」(ひどいことしてるのに笑ってしまうのはなんだろうこのサイコパスめ)調査は進めているとして、ハインリはソビエシュへ報告すると指示した。

・ナビエはハインリがソビエシュに話をするだろうと予想し、記憶の無いソビエシュは大丈夫だろうか、カルル侯爵がいるから問題ないかと考える。そして口に石を…という話は胎教に良くないから忘れようと思うナビエだった。(この時ローラやマスターズに雷が鳴っている時に兄コシャールが怖がってたという話をナビエ様がするんですが、お兄様が可愛すぎて悶えましたwwwwwなにその設定wwwwwwナビエ様は平気な顔して、コシャールお兄様は怖がってる・・・?激萌え案件なんですが・・・)

223

・「リルテアン大公が帝国の貴族の子供を殺そうとしたことを覚えていますか」ハインリの問いに、そこまで日記を確認できていないソビエシュの記憶にはなかった。「リルテアン大公が脱獄しました」「そうですか」「もし先に発見したらまだ5年を満たしていないので大公はこちらに返してください」ソビエシュは笑いながら「そうですね」と曖昧な返事をした。しかし頭の中では自分が承諾したであろうこと、期限が5年あること、そしてあえてハインリがその話をしてきたことを考えていた。「どのような待遇をしていたから大公が脱獄までしたのかはわかりませんが」「とても嫌いなようですね」「リルテアン大公のような人間が脱獄できるということは、西大帝国の刑務所は見直す必要があるかもしれませんね。警備数を増やしたらどうか」「警備数は十分いました」「リルテアン大公を閉じ込めた赤い塔を突破できる人間は陛下の魔法士や騎士団ではないかと思うんですけどね」「…」ハインリは夜中に人の宮殿を捜索する人間だから、とソビエシュを疑っていることを伝える。

・ナビエの部屋にハインリが訪ね、ナビエが食べたいと言っていたエンドウ豆のポタージュを持ってきて「私が作りました」と言う。愛ではあるが、明らかに食べ物で怒りを和らげようとしていることがナビエには分かった。「ハインリ。あなたにも考えがあるんでしょうが…人を罰するときにあまりにも非道なことをしなければいいんです。閉じ込めるだけでも十分です。それ以上残忍なことを行う必要はありませんでした」「しかしクイーン、その者は」「私もリルテアン大公が嫌いです。彼は最初私に賄賂を渡して近づこうとし、それができないとわかればラスタに近づき、私に対する悪い噂を流しました。しかしハインリ。あなたが正当な復讐をしても、その方法が残忍だと、人々はその方法にだけ目が行きます」(ナビエ様かっこいい…サイコなハインリも好きだけどナビエ様に諭されてるハインリ想像しただけで可愛いやばい)「ハインリ。厳格な処罰と残忍な処罰は違います」「クイーン、どうしてそう言っているのかがわかりました。しかしクイーン。ソビエシュ皇帝はじっと玉座に座り自分のすべきことだけして、全てのことを法にのとって処理しても威厳がついてきますが、私はそのような状況にありません」(これまでの噂のせいで?とか舐められてしまうってことを言ってるのかな?)「クイーン、私は貴族たちが私のことを甘く見ない状況を作らなければなりません。ネズミも窮地に追い込まれれば猫に噛みつきます。私は怖くない皇帝であると同時に恐ろしい皇帝でなければならず、貴族たちの警戒心を刺激せずに顔色を伺う皇帝でなければなりません」(でも元々の性格でナビエ傷つけた奴許さないマンだからちょっと綺麗ごと入ってるよね猫かぶりハインリさん、と思ってしまうwwwもちろん甘く見られたらダメはわかるけどもwww)ハインリが出た後、あまり食べたくなくなったスープを口に含むナビエ。副官がソビエシュが伝えたいことがあるという。(しつこいなお前もwwwwww)部屋にいないと断ってと伝えるも、再び副官は手紙を持って現れた。封筒には東大帝国皇帝のサインが書かれており、返却できないようになっている。「これも返すのか」と書かれた手紙に苛立ち、ドアを開けると目の前には白と黄色の花束が広がる。「プレゼントです」「陛下、私には花束を夫が持ってきてくれるので、隣の国の陛下がくれなくても結構です」ソビエシュが答える前、ランドレ子爵の使いが現れ「早ければすぐ、遅くても明日、誰が何と言って訪ねてきてもなるべく拒絶してほしいと伝えて欲しい、との団長のお言葉です」(ソビエシュ?wwwwwwwwwwwww)

・224

・ソビエシュはハインリと話をした後にカルル侯爵からリルテアン大公の話を聞き、自分の考えと認識が一致していることを確認すると魔力減少の調査よりも優先するよう命じる。自分がハインリなら、リルテアン大公よりも魔力の減少問題に対する証拠隠滅に力を入れるだろう、と。だから簡単に探すことができない。対外的には魔力減少を探っているように見せてリルテアン大公だ、と。(この人何か重要な秘密握ってたんだっけ???ソビエシュの跡継ぎを無くすため?に罪擦り付けたんだっけ?もう記憶がごっちゃになってますみなさあああああん)

・ソビエシュはカルル侯爵たちを伴い平民たちが出入りする居酒屋へと入る。するとハインリの残虐性や再婚したナビエも同じような性格だったら、というマイナスイメージの声ばかりが耳へと入ってくる。(東大帝国大丈夫かというコメントを前回の記事でいくつかいただきましたが今ふとそれを思い出しましたwwwwwwwww居酒屋で西大帝国調査…まあ敵国の情報掴むのは大事かもしれないけど刑事みたいな仕事してるよ皇帝がwwwと冷静になるとほんとに心配になってきました(笑))「気に入らない。なぜナビエはそんな奴と結婚したんだ」(お前がラスタなんか連れてきてナビエ様を傷つけたからだよおおおおおおおおおおおおおおおバカソビエシュ)「魔力調査結果が出れば西大帝国は窮地に追い込まれるのに、こんな扱いを受けてまでここにいる必要があるのか。ナビエだって今ハインリのような奴に腹を立ててるんじゃないか」(ソビエシュ!!!またコメントで悪く言われちゃうからお願いこれ以上無知な発言は止めてお願いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)「他の男もだめだが、ハインリは特にだめだ。ナビエはとにかく私が取り戻す」(うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ先生もひどいよ!!!ここまでしてソビエシュを嫌われ者にしなくたっていいじゃない!!!くそ19歳ソビエシュ…25歳ソビエシュが敵でハインリも敵認識しちゃったからもう信じられるのは自分だけ、自分しかナビエを幸せにできないと思ってる…うわあああん)「カルル侯爵、ジュメンシア公爵と親しかった者、生き残った親戚たち全て調べて」(なんか秘密を解き明かす名探偵ソビエシュ(19)みたいになってる…ソビエシュの頭の回転早いところは好き)

・リルテアン大公の行方が分からず疲弊しているであろうハインリの肩を揉むナビエ。その後ソビエシュとすれ違うと挨拶だけではなく近づいてくる。「ナビエ、君は騙されてる」「騙されました、陛下に」(wwwwwwwwギャグかな?)ハインリについて知ってるかと尋ねるソビエシュに、あなたよりは知ってると言いあいを続ける二人。「目が本当に綺麗だ。元々綺麗だったけど、もっと綺麗になってる」「陛下」「考えてみてナビエ。私は過ちを犯した。ところがその者は出会って時間も経たずに君と結婚した。君の外見に惚れたんだ。そんな愛が永遠であると言えるの?」お前がそんなことを言える立場なのか(←これわたしのコメントじゃないですナビエ様のコメントですwwwwwwww)苛立ちソビエシュの足元の芝生が凍ると「能力が君に似ている」(これみんな言うwwwww)「たとえ愛が冷めても良いです」「悲しいんだ」「私のお腹の中にいるのは何かを忘れているようですが、教えて差し上げましょうか」「聞いた、君に似ていたらいいんだ」「ハインリと仲が悪くなっても私があなたの元へ行くことはありません」「ナビエ。私は君の子供も私の子供のように受け入れられるよ。まだ父親が誰か、子供は知らないだろう」呆れてポカンとすると、ソビエシュは笑った。キラキラとするような笑顔で、それは腹立たしい笑顔だった。再び言い合いを続ける二人に、超国的騎士団(なんじゃそりゃw世界的騎士団、みたいな名前なんかな?答え出てきたら直しますねwww)が来たとの知らせが入る。ランドレ子爵ではなく、別の人間が。

・影の騎士団の4騎士団団長エインジェルがナビエに面会に来た。(なんか銀髪の美形キタアアアアアアこれはどういうお方なんでしょうかね???ランドレ子爵会っちゃダメって言ってたけどいいんかwww)(その人は第5騎士団?さっきの騎士団が第4騎士団?とかそういう位置になるんか???)で、騎士団長に会いに来たのだと。ここに来る途中、口が傷だらけの男がいたと。「口を縫い付ける国がありますか」そう言い、第5騎士団を貸せばリルテアン大公の居場所を教えるという条件を持ち出してきたのだった。(ランドレ子爵が5の騎士団団長?そのトップがナビエ様?騎士団系いすぎてわかんねえーーーーーーーーー)

225

・ナビエは貸せないと断る。人手不足で悪いことはさせるつもりがないという騎士団長だったが、「相手が脅迫が通じる相手かを調べておくべきでしたね」というナビエ(かっけえええええええええええええええええ)その答えに「貸してくれるという答えだったら失望していました」と言う。ナビエのことを試したようだった。

・翌朝ハインリの姿が見えずにいると副官が東大帝国大使館でめちゃくちゃな恰好で発見されたと連絡があったことを伝える。マッケナはソビエシュがリルテアン大公がひどくケガをしていることをハインリに対して避難したと言い、マッケナの求めていることが慰めなのか他に何かあるのかはわからなかったが、巣のある場所へと向かった。ハインリは鳥の姿で巣の中に座っていた。遠くを見つめるハインリに、自分のために放棄したことの数々を思い浮かべてしまうのではないか。後悔が訪れるのではないか、そう思うと怖くなってしまい、一歩を踏み出すことができない。

・マスターズが兄と騎士団やリルテアン大公について話していると、コシャールが現れて二人は話をする。緊張して何の話をしたらいいかわからず、天気が悪いと風邪をひくかもしれないからはちみつを牛乳に混ぜるといいなどと話すもまとまらない。マスターズは俯いて気付かなかったが、コシャールは笑いを堪えて見下ろしていた。自分の話を話すだけ話したマスターズは廊下を野獣のように駆けた(野獣翻訳ミスではない?www)その後ろ姿を見たコシャールは小さく呟いた。「かわいいね」(きやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ・・・は????????コシャールお兄様の「かわいいね」は?????????挿絵のお兄様笑ってるんですよ・・・可愛すぎる・・・えええっ・・・マスターズとどうにかなるん・・・今までマスターズは残虐であまり綺麗でもない?っぽいイメージだったので、コシャールお兄様への片思いポジションでいいかな~なんて思っていたんですが、お兄様がかわいいって言った瞬間わたしまで可愛いなに転じましたよ何だよそれ)

・そんな顔を真っ赤にしたマスターズを侍女たちが不思議に思っていると、ナビエの部屋に「東大帝国皇帝」が面会したいという伝言が(何回目だよもうっっっ!!!!!!!!!!!!)またプレゼントを持ってきたソビエシュに捨てるというナビエ。侍女たちはソビエシュの精神年齢が19歳だということは知らずに怯えている。その目の前で断られ、自尊心が傷つけられているはずなのに笑うソビエシュ。愛を伝えるソビエシュに「天使のように舞い降りた銀髪の女性を探してみてください」と言い放つ。ソビエシュを部屋から追い出し寝室へと入ると、ソビエシュから渡された籠には手紙がたくさん入っていた。一番上の封筒には慣れた字体。『これ一つを除いて、私が描いた手紙じゃない。この首都を回る時に出会った東大帝国の旅行者や移住者、業者の人たちが書いたものだ。君を愛する人たちから。心が痛んだ時に一つずつ読んで欲しい』

うわああああああああああああああああソビエシュしつこかった(´;ω;`)ソビエシュ同情派なので早く手を引いてくれないとまた傷つくことになるともう見てられんかった(´;ω;`)何最後のサプライズ的なやつwあれのために歩き回ってたのwwwほんとに一人の男としては少しジーンとくるけど皇帝としては何やってんのだよ本当にwww19歳め…でもやっぱり26歳ソビエシュに何があったのかが気になるなあ。

そしてハインリとナビエ様すれ違い状態…この二人の考え方の違いはしょうがないと思いつつ、相容れないところが切ない。残虐非道にならないといけなかったハインリと、そうする必要がない帝国の皇后だったナビエ様。でも国民の評価もやはり悪くはなってしまっていて…ハインリがそんなことをしなくても皇帝としての地位が揺るがない国にするのは難しいんでしょうかね。まあそこの基盤を作っていくのが?サポートしていくのがナビエ様になるんじゃないかなとは思いますが!早くこのすれ違いゾーンを脱出して、子供が生まれて、イチャイチャたくさんして!!!ほしいです。まあ重い愛が好きなわたしとしてはサイコな部分は残しておいてほしいんですけどねwww

226話以降はコチラから!

ここまでお付き合いいただきありがとうございました♫また次回お会いしましょう!

41 COMMENTS

えみりーな

セロさん今週もありがとうございました♪
毎週日曜日が待ち遠しいです(о´∀`о)

ソビエシュ、二重人格になろうが記憶喪失になろうが構わないんですが、ナビエ様を巻き込まないで欲しい。東大帝国で勝手にやって欲しいです。
せっかくソビエシュがラスタを側室にした事を後悔したところで同情してこれからは幸せになってくれたら良いと思ってたのにまたナビエ様に迷惑かけちゃうしもう!って感じです。

ハインリとナビエ様は色々と考えが食い違ってるけど、なんとなくこの2人は大丈夫という安心感。安心して読んでいられます。
ナビエ様妊婦さんなんだからソビエシュもハインリも出来るだけストレスを与えないで欲しいですが笑。

リルテアン大公が消えたあたりから話が少し難しくなってきましたね。西大帝国に早く平穏が訪れますように。そしてソビエシュが早く帰りますように。ソビエシュあまりにも勝手すぎてイラッてしちゃうので笑。

あっ「マリョクソク」ですが、わたしの翻訳では「魔力石」ってなってました(*^^*)

返信する
セロ

>えみりーなさん
いつもありがとうございます♡
コメント読んで、魔力石か!と早速次の記事にも反映させました〜!なんでpapago使っているのに精度が違うんでしょう?謎です……
ソビエシュめちゃくちゃ邪魔してきますねwww
どうかハインリとの仲だけは壊してくれるなと願っています。

返信する
るる

セロ様、更新ありがとうございます!!
この週末の楽しみが、まだまだ続きそうで、とっても幸せです!これからもよろしくお願いします!韓国語勉強すごいですねー!文字が暗号すぎて、本当訳わからんから、それ読めるようになったら、相当カッコいいです!
25歳ソビエシュも、苦労しますね。。19歳ソビエシュ暴走しすぎ。。何回面会くんねん(笑)自分のやったこと本当に綺麗に忘れたからこそ、取り戻さなきゃ!って図々しくなれるんでしょうね。でも、ソビエシュが泣いてる所、心痛いんでもうやめてほしいです。帰って。。
ハインリ様の鳥の巣の件、めっちゃ癒されました!可愛いけど、独特すぎる子育て!(笑)2人のやりとりに、ホッとしました。
結局残忍なことしたのバレちゃいましたけど。。やっぱ、そのまま無かったことにはならないですよね。今回もラブラブほぼなくて、悲しいです。

返信する
セロ

>るるさん
いつもありがとうございます♡
勉強をしたのはとても久しぶりなのですが、やっとあの記号の仕組みがわかってきて少し面白くなってきたところです!笑
少しでもこの翻訳に役立てたいですが……その頃にはとっくに感想書き終えてる気がしますw
ソビエシュしつこすぎてもうwww
ナビエ様はハインリの裏の顔を知りつつも離れないところから、もう愛なんだなぁとジーンときてます。

返信する
kasiragi

セロ様 今回も読ませていただき、感謝しております。
ナビエさまとハインリの仲が深まる様子をもっともっとと望んでいるのは読者全員、ですよね(笑)なのに、、その他の話と、やたらソビエシュのくだりが多いし長すぎ。ソビエの日中のみ記憶退行は確かに独立させてのお話が必要なくらいです。しかし、残りの本編話数考えると、伏線回収しきれない事だらけ?の気もします。勿体無いなあ。おまけにキツネ目美形まで投入してきたし(笑)どうなるんでしょ!
ナビエ様の今回の様々なセリフは胸がすくものも多かったですね、特に「銀髪の天使を探せ」は同感です(笑)どのタイミングでラスタに出会ってもきっとソビエはラスタを愛しただろう、と思うから。ナビエの事は愛してると口で言うが、そのようには感じないし見えません。
ハインリが鳥の姿で遠くを見つめてる姿には胸が詰まります。ナビエが彼を補佐できると思うから、もっともっと愛を深めていってほしい!!!その為には、ソビエシュ含めその他の話は最小にして欲しいなあ。といっても原作もう書き終わってるから、遅いんですが(笑) 面白いネタだらけ、なんだけど、もすこしバランス変えてほしかった。結婚後は特にハインリの心とナビエを中心に、と思いました。
次回も心からお待ちします!!!有難うございましたm(_ _)m

返信する
セロ

>kasiragiさん
いつもありがとうございます♡
そうなんですよ!もうすぐ終わりなのにソビエシュのターンが多い!!!笑
最近ハインリのターンがカットされてしまっているようで淋しいです……それでも面白いと言いますか読むのを止められない再婚皇后……すごすぎる!
伏線やら謎やらここに来てまた増えてきましたよね、ほんとうにすべて回収できるのか!?ここまで長く連載されるのであれば回収してきれいに終わって欲しいですよね!
そして二人の幸せな結末もじっくりたっぷり……♡

返信する
すずめ改め すずめ@青髪に癒しを

セロ様今週もありがとうございます
今週もまたどんよりしたターンだったのですね

とても心苦しいのですが、今週もソビエシュまだいたのかと(*`ω´*)
前回のエルギの話を詳しく読んでみたらソビエシュさんあんた善人ぶってハインリの事悪いやつ扱いしてるけど
あんたのお母さんがしでかした中絶薬クッキー事件、お父さんに側室のアレイシアがやりましたーって姑息にも嘘ついて濡れ衣被せて追い出させたらしいじゃないの!はっきり言って、ナビエ様の為に残酷になれるハインリよりそういうズルの方がナビエ様嫌いだと思うわーって側にいたら言ってやりたい!
19歳のソビエシュってそういう自分に都合悪い事は一切忘れてナビエ様への執着だけでなりたってるんですかね
それともナチュラルボーン俺様ソビエシュ様俺のやることすべて間違いなしな人なんでしょうか

ハインリは19だし、おまけに国外をさ迷ってたから内政をフォローしてくれる貴族との関係も薄いだろうし、後ろ楯になってくれる国の有力者の娘を側室にするなんて言語道断だろうし、マッケナはいい相棒だけど頼りないし、ナビエ様と手を取り合って良い国にしていくしかないですね
胎教にも悪いので早くソビエシュには国に帰って欲しいです

返信する
セロ

>すずめさん
いつもありがとうございます♡
ふふふwwwこの記事書きながらソビエシュ許さない派のすずめさんと○○さんと○○さんと怒っちゃうだろうな〜と勝手に想像して書いてましたwww
ハインリの立場は安定していないですが、今いる仲間、そしてナビエ様と共に国を安定させて、残酷な事にハインリ自身が手を染めなくても平気なようになって欲しいと願います……

返信する
おさよ

セロさん!更新ありがとうございます。
毎週楽しみにしています。
昨日ぐらいから何度もこのページを開いては閉じ、開いては閉じしながらソワソワしていました。
ラスタがなくなってから若干喪失感を感じていましたが、それを吹き飛ばすような新しい展開が盛りだくさんですね。
魔力操作の証拠隠滅が早いか、東側が突き止めるが早いか!マスターズの恋の行方は?リルテアン大公を助けた人物は誰?氷の魔法師は敵が味方か?ああっ!エルギ公爵の過去もまだ分かってない!来週まで持ちません。。。

ソビエシュについて考えてましたが、多重人格って、自分一人では受け入れられない辛い経験が積み重なった時、それを分担するために新たな人格が生まれるって本で読んだことがあるんですが、ソビエシュの場合は自分の手で全てをなくしてしまった責任や後悔なんでしょうね。
その辛い経験を真正面から受け止める強さがないと元には戻らないでしょうし、どちらも自分なのにお互いを元凶だと消しあおうとするのは本末転倒なのではないかと。
本気でソヒエシュのことが、これからの東大帝国のことが心配です。
19歳のソビエシュは25歳の自分は狂ったと、だから今の自分は正しいと暴走しかけていますが、他人の意見に耳を貸さない、自己中心的な愛情が、相手もそうだと信じて疑わないその考えが、最早将来のソビエシュそのものなのに、気がつかないんですよね。
元は一つの人格である現実を受け入れないと治らないのに…
心配です。
振り回されるナビエ様が。

ナビエ様は罪悪感に苛まされているようですが、ハインリは前回の言葉どおり後悔はしないですよね。
ここまで普遍的な愛情を示してくれる人って、本当に他にはいないと思います。
ナビエ様は今は不安でも、きっと生まれてくる子供がカスガイとなって、二人を精神的に繋ぎ止めてくれると信じてます。
セロさん!今週も幸せなひと時をありがとうございました。
来週一週間また頑張れます。
セロさんもお身体に気をつけて頑張って下さいね!!

返信する
セロ

>おさよさん
いつもありがとうございます♡
そこまで楽しみにしていただけるとわたしも嬉しいです!!!
ラスタが居なくなった物足りなさをわたしも感じています…あれだけ憎んでいたのに、怒りの向け先が無いのもないのでなんだかなと(笑)
なるほど、たしかにソビエシュの相手が悪いとお互い押し付け合う様子はお互いが同一人物だと思えなくもないのかもしれないです…おさよさんもみなさんも登場人物の性格まで考察しててすごいです。また一つ理解が深まりました!

返信する
すずめ改め すずめ@青髪に癒しを

続きです
またソビエシュに罵詈雑言浴びせてしまって申し訳ありません
どちらかというと先週からエルギに肩入れしてしまって
色々考えて夢まで見てしまいました
ナビエ様が言ってたラスタの子供を自分が育てて恨まれたくないというのがエルギの過去の伏線なのかなと思いましたが
どうでしょう?
最終回まで話数少ないのに色々起きすぎで混乱をきたしております
来週はソビエシュに少しソフトになれる自分でいたいなと思っておりますので
どうかご勘弁くださいませ
お忙しいとは思いますが来週も更新を心からお待ちしております

返信する
セロ

>すずめさん
ソビエシュへのその姿勢は貫いていただけたらと思いますwww(楽しんでますw)
なるほど!?エルギの本当の母と育ての母がいて、エルギは本当の母を苦しめた育ての母を憎んでる……?
まだまだ明らかにならないエルギの過去、めちゃくちゃ気になってますうううう

返信する
ポンママ

セロさん
今週もありがとうございました。

ライン漫画は今78話、臨時国政会議で離婚宣言するところです。大神官入場前にソビエシュが何か言いかけるのですが、「私は、決して…」
続きはわかりますけど、聞いたところでどうなるの?と思います。会議で貴族達は反対し数時間も議論したのに一方的に離婚を宣言したソビエシュ。
私、この場面を19歳ソビエシュに見せてやりたい。あなたはこんなことをしておいて、今さら何を言っているの?勝手に忘れてしつこく何度も…
なんか思い込み激しくてナビエ強奪計画立てそうで怖い。
もしもーし、カルル侯爵、あなたは夜に26歳ソビエシュ説得して、さっさと東大帝国に連れて帰ってください!途中で19歳に戻らない為に眠り薬でも使っていいです。東大帝国に帰ったら仕事山積みですよ。忙しい忙しい…そのうちに魔力の話もリルテアン大公の話もうやむやになります笑

銀髪の騎士団長が気になります。銀髪ってまさかラスタと何か関係が…?

まだまだ展開が読めません。次も楽しみです。セロさん、宜しくお願いします。(ご無理の無い範囲で…)

返信する
セロ

>ポンママさん
いつもありがとうございます♡
いやあ〜わたしは漫画読みながら、お前このあとめちゃくちゃ後悔すっからな!?泣き崩れるんだからな!?おい聞いてるか!?とソビエシュに語りかけながら読んでますwww
カルルさんもいい感じに振り回されてますよね(笑)今国はあなたの手に掛かってるから多少無理なことをしても東大帝国を考えて送還してほしいものです…なんだかカルルさんも親目線になってきてしまっているというか。
わたしもぜんっぜんこの先読めません!なんせ考察力が無いものですから、皆さんのコメントがわたしの頭の整理に繋がってます!笑

返信する
匿名

セロ様、今週も更新ありがとうございます。
今回はわたし的には物凄くスカッと神回でした。

ナビエ様、我慢がまんガマンしまくりの感情をソビエシュにハッキリ意思表示できて、ソビエシュは言わなきゃ分からない男だし、まあ言っても聞いちゃいないかもだけど、ナビエ様が自分の気持ちを押し殺してばかりはダメだ!とずっと思っていたので良かった!!人間らしくて一層素敵♡
これもハインリのおかげ?
西大帝国に来て、感情表現が豊かになってきたのが大きい⁉︎

225話ラストのソビエシュが持って来た東大帝国の国民からの手紙。
きっとナビエ様が如何に良い皇后だったか、感謝と賞賛の内容でしょうか。
だとしたら19歳ソビエシュ、でかした!
ナビエ様の傷ついた心を少しは癒すかも。
ソビエシュ擁護派ではない私も、この行動だけは評価してあげたい♡
東大帝国の国民をナビエ様は愛していたのだから、きっと嬉しいと思います。

でも頑張れば取り戻せる!何とかなるレベルじゃない事やっちゃってるソビエシュなんで、謝り倒してもう帰ってください。

それにしても19歳と25歳の自分同士が闘うって、読者にはすごく面白い展開ですよね。
ソビエシュ本人は苦しいだろうけど。
ソビエシュはナビエ様を諦めた上での謝罪でないと、ナビエ様には伝わらないと思います。

今はハインリとすれ違いはありますが、国を治めるやり方や価値観は、時間をかけて擦り合わせていくのが当然であり、ナビエ様も東のやり方がそのまま西で通用するとは思っていないと思うので、しっかり話し合って喧嘩もして良き統治者と言われてほしいです。
ソビエシュと夫婦だった時みたいな、言葉足らずで個々で意思決定しちゃうような事が無さそうな分、安心して読んでいます。

と、言いつつ、来週がもう待ち遠しいです!ww

ソビエシュ、新しい幸せを見つけろ!
また天使が降ってくるさ!
魔力減少の件はナビエ様への贖罪だと思ってもう詮索しないで!てか帰って!
岩系の魔法師は気持ち良く貸したげて!

返信する
セロ

コメントありがとうございます♡
なるほど!コメント読ませていただき、スカッと展開に納得しました!
ソビエシュしつこくてモヤモヤ回だなぁと思っていたのですが、これまで伝えられていなかった気持ちをナビエ様がぶつけられたことは大きな違いですもんね!!!
ハインリとはすれ違ってしまうかも…と不安になっておりましたが、確かに帝国を治めるのだからぶつかり合ってより良い方向へ進んだほうがいいですよね!ナビエ様への愛で戦争も無くなったしこれからいくらでも二人で乗り越えられるはず!

返信する
アンドレア

更新を見させていただきした。久々にコメントさせてください。。
ストーカーソビエシュがウザくて怖いです。
逃げても逃げても悪気の欠片もなくしつこく向かってくる恐怖、皇后さまはストレスmaxなんじゃないでしょうか。妊婦なのに。
ラスタの裁判で不能扱いされて、男として恥をかき、友達もいなそうだし、そんな自分を慰めてくれるのは皇后様しかいないもんだから執着するのかな。
どこまでも勝手な男だなと思います。
皇后さまが自分を慰めてくれるまで、ちやほやして甘やかしてくれるまで帰らなそう。
ハインリは追い出せばいいのにと思います。
でもハインリは攻撃的な面もありますが、基本余程のことでないと強硬姿勢取りませんよね。基本優しいと思います。
以前エルギがラスタの結婚式の時に庭で会った皇后さまに、いくら良いことをしていても最後が気に食わなければ民衆は叩くみたいな事を言ってましたが、逆に考えたら今後のハインリが皇后様と良い実績をあげたなら賢帝として後世に残ると思います。
ハインリと皇后様と生まれてくるベビーが早く幸せになるように祈ってます。
ソビエシュ出すより、幸せな二人とベビーを早く見たいと願います。

返信する
セロ

>アンドレアさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます♡
いやほんとおっしゃる通りもう少し妊婦なナビエ様を考慮してほしいしつこさ!笑
でもソビエシュにはナビエ様と姫しか残されていなくて、姫が行方不明になってしまったのでナビエ様に縋るしかないんだと思います……
ハインリは今世間に良い噂がありませんが、この先賢帝と呼ばれる功績をナビエ様と一緒に残してほしいですね!何をするかは全く想像できないのですが……西大帝国の安定的な発展?抽象的すぎますねw

返信する
ぴい

セロ様ー、お忙しい中更新していただきありがとうございます!!
もちろん物語の続きも気になりますが、セロ様の心の声に毎回激しく同意しつつ、皆様のコメントを見ながら「なるほどー!!」と感心しつつ、もうここはセロ様ファンクラブなんじゃないかと思い始めてきました(笑)!!
まさか…毎週末がこんなに楽しみで待ち遠しくなるとは、数ヶ月前には想像出来なかったですねー(笑)。
ソビエシュ…自己中がウザいですね。
他の方もコメントしていましたが…
頼むからカール侯爵、いい加減にこの自己中野郎をとっとと連れて帰って欲しい。
カール侯爵は今までの経緯でナビエがどれだけ酷い事をされて傷ついたのかをわかってるのにも関わらず、まだのうのうと滞在をしてるのもちょっとどうかと…。普通に常識的に考えてみてもありえないんですけどー。
ハインリとナビエが早く心から穏やかに過ごせてラブラブ生活を送れるようになって欲しいもんですねー。

返信する
kuri

私もファンクラブ入れて下さい

()セロさんの心の声付きでないと!!
満足出来ない身体になってます
ムフ( *´艸`)

返信する
ぴい

kuri様、激しく同感ですーー(笑)!!
こ、これはもうセロ様ファンクラブっきゃないですよねー♡

返信する
ぴい

kiri様、はじめまして。
こちらこそー、セロ様ファン同士?でマジ嬉しいです♪
セロ様の呟きが最高ですよねー、超わかります(笑)。セロ様の呟きにツボにはまりまくってる私です(^_^;)。

返信する
セロ

>ぴいさん、kuriさん
いつもありがとうございます♡
ファンクラブ!!!笑 そんなものできたことがないので困惑していますwww
でもわたしのボヤキにみなさんが解説してくれたり意見書いてくれたりでここまで良いブログになってるんだなあと実感します。ほんとにありがとうございます……わたしにとっても生き甲斐になりつつあります(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ソビエシュはここまでしつこくくるとは思わず!!!笑
案の定コメント欄が炎上しています!wwwww

返信する
かお

一気に読ませていただきました!
続きが気になっていたので、たくさん知れてよかったです(о´∀`о)

来週もめっちゃ楽しみですー!!
ありがとうございます♡

返信する
セロ

>かおさん
ダラダラと長く書いている記事ですが、一気読みありがとうございます♡
次週分更新したので、また見ていただけたら嬉しいです\(^o^)/

返信する
kuri

セロ病重症患者の私達に、ご褒美ありがとうございます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

すずめさんの1番最初のコメに、同じ事思った私です
まだ、お前いたんか?
返れ!!
東へ帰れよぉ・・・

19歳vs25歳ソビエシュの牽制とか、お前なぁ~
いい加減にしろよぉ

ソビエシュ19歳の頃からdv男の片鱗ありますよね
自分の思い通りにならないとダメ
マザコン又は男尊女卑家庭
前皇后も皇帝(パパンソビエシュ)の顔色伺ってただろうし
何でも人のせい
格下の相手を自分の駒として動かしたい
出来ないと、優しくしたり、冷たくしたり、言葉で傷つけたり、束縛凄い
嫉妬深い(25歳の時は酷いけどな)

もうdv男で皇帝って立場あったら、し放題ですよね
25歳のソビエシュは非を認めた途端に逃げ、また愛されてるはずの19歳になってナビエを取り戻す様に色々としてる

ウッザ!!
ソビエシュ執着凄すぎ
前の裁判後の一晩立ってる時にも「一言、頑張ってと言って欲しい」とかしおらしい事思ってたけど、絶対に縋って自分の為にナビエを取り戻すだろうなぁ~と

ちょっと可哀想とか前回思ったけど、昔の男程目障りなもん無いですよ?
dv男は諦めないです
拗らせると大変なんです
今、拗らせてますよね?
子供がナビエに似てれば、誰が父親でも良いとか
戻ったら、あっさり記憶戻って「愛せない」とか言いそうです

ソビエシュ帰って!!
産科に来るdv旦那達で散々色々な経験してるので、近寄らない事が1番ですよ、皆様!!
ちょっとでもdv男じゃない?って思ったら、近寄らない事です

dv男は死なないです、しぶといですから(-.-)
(*´Д`)マジ、もう来るな!!

後、ちょっと「影の騎士団の4騎士団団長エインジェル」イケメンが気になるなぁ
どう絡むのかな?
また皆様のコメも楽しみにしてます

返信する
セロ

>kuriさん
いつもありがとうございます♡
そしてキレッキレのコメント、いつも楽しみにしております!
ソビエシュはしぶといですねw
同情してしまうわたしはdvに引っかかる可能性があるのでは!?と怖くなってしまいましたwww
ソビエシュ臭を感じたら、そっと遠ざけるようにしますね!笑
影の騎士団気になりますよね〜!目的は何なのか?早く明らかになってほしいと思います!

返信する
kuri

追記です
ハインリの「魔法能力」って空飛ぶ事では無く
まぁ鳥だし
宝石や石に魔力アップ&ダウンが可能とかですかね
魔力アップとか、魔力消失とか、まぁ魔力パワーのギアチェンジみたいな感じでしょうか?

魔法能力も石に込められる?(万能過ぎて違うかもですけど)
ラスタにソビエシュがナビエ様の指輪を貸してって言った事思い出す
治癒の指輪もあるから、可能なんですよね、きっと

返信する
セロ

>kuriさん
なるほど!!!ハインリが主体となってやってたということは、その可能性大ですね!モノに力を込める魔法?ナビエ様のベッドも同じような原理だったり!?!?

返信する
さおりん

セロ様 初めてコメントします。

毎週日曜日になると翌日からの仕事を考えブルーになっていたんですが
セロさんの存在を知ってからは 毎週日曜日が楽しみすぎて ずっとニヤニヤしております。

皆さんがおっしゃるとおり
セロさんの心の母、叫びにクスッと笑ったり頷いたりしている1人です。

セロさん、暁のヨナがお好きとの事で
私も一推し作品でして。
現在35巻まで出てますが各2冊買いしています。なかなか周囲に暁のヨナを知ってる&好きだという人が居ないので勝手に親近感を覚えております。
すみません。
主従関係の作品では 完結しましたが  女王の花も好きな作品です。

今はこの 再婚承認や韓国漫画にどハマりしてしまい、セロさんと同じく韓国語勉強しようとしているところです。

毎週の翻訳と更新 大変でしょうが、
無理なく頑張ってくださいませ!
感謝しかありません♪

返信する
セロ

>さおりんさん
はじめましてー!コメントありがとうございます♡
しかも好みもめちゃくちゃ合いそうで!
暁のヨナという作品は大好きですが、2冊ずつ購入はしていないと言いますか、電子でしかも花ゆめで追っているので、負けました〜!です!!!笑
女王の花、読んだことあるかもしれません!確認してみます!
わたしも仕事が大嫌いで、日曜日が憂鬱なので、それが少しでも和らいでいるのであれば嬉しいです♡

返信する
オゼオゼ

セロ様、今週も更新ありがとうございます!前回はあちこちに顔を出し、見辛かったかと思います、が!セロ様もおっしゃっていた通り、前回のコメントへの返信はうっかりすると、読んでもらえないこともあるかと思い(特にセロ様ファンクラブ?wwwの方々に質問に答えていただいたので、感謝の意をなんとか伝えたくて)確実に読んでもらうには、次の回のコメントに返信を入れた方がいいか?と思ったんです。セロ様、皆様、鬱陶しかったら、ごめんなさいm(_ _)m m(__)m

さて、今回は私も匿名さんと同じくナビエがソビエシュに本音をバシッと叩きつける場面が度々見られて、胸のすく思いでした(ナビエ様、やっぱりかっこいい!若かりし頃のソビエシュとの甘酸っぱい思い出に涙する場面もありましたが、それに流されないところが素敵!それだけハインリとの愛情が揺るぎないものになっているのだと思います♡)

それにしてもソビエシュは前回も酷かったけど、さらにハチャメチャですね。もう笑えるくらいにやっていることがめちゃくちゃ、、、まぁ、19歳と25歳の人格が違うことを考えて行動するのですから、当たり前と言えば当たり前なんだけど、それに対応させられるナビエが気の毒、、、(◞‸◟)

どなたかがおっしゃっていた通り、元々仲良しな2人だったけど、皇帝と皇后に即位し、真面目なナビエが公務に専念する中でソビエシュは置き去りになって劣等感とプライドの狭間でナビエへの愛情が見えなくなっていったのでしょうね(ナビエ様は甘えるタイプではなかったし、ソビエシュもそれを可愛く思えなかったのでしょう)
だから、愛情をストレートに伝えられるタイプのハインリと再婚したのは、大正解だったんですね!今更ながらそう思います(≧∀≦)(もっとイチャイチャして!)

鳥の赤ちゃん?巣?そして、最後に出てきた騎士団のエンジェルは何者?など、まだまだ謎はたくさんあって来週も楽しみです♡♡♡

今週はいつもに増してセロ様の心の声に反応して盛り上がってしまいました(≧∀≦)(ほんとに心の声で楽しさ倍増です)
また、前回の返信でエルギに対する考察、なるほど〜と、楽しかったです。ありがとうございました。また、来週もよろしくお願いしまーす(*^^*)楽しみにしていまーす!!

返信する
セロ

>オゼオゼさん
いつもありがとうございます♡
わたしのコメント欄、自分で使ってて使いにくいのですが、もうみなさんの好きなようにじゃんじゃん使っちゃってくださいね!最近みなさんのやりとりが見れるようになって楽しいです!イイネボタンなどあったら簡単に反応できるのですが……
仰るとおり、ソビエシュの二重人格はなってしまったものはしょうがないと思いますがナビエ様を振り回さないでほしいですよね(笑)
二人ともタイプが似ているので、素直になれなかった、と考えるとお互いハインリとラスタとでお似合いだったのかもしれないですね…最近ハインリとのイチャイチャ不足ですが(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

返信する
すずめ改め すずめ@青髪に癒しを

何度も申し訳ありません
セロさんの心の声も皆さんのコメントもなく独りで読んでたら……ソビへの怒りでスマホを力一杯床に叩きつけるぐらいしてるかもしれないすずめです

セロ様の疑問に関してちょっと追記ですが
リルテアン大公は賄賂を贈ってくる嫌な奴でナビエは大嫌いです
ナビエが断ったらラスタに取り入って賄賂の青のシルク等渡してました
それにハインリ即位式に来たときに皇后様がラスタを虐めて大変ですわ~とハインリに言ってムカムカさせたりハインリがラスタの事を好きだと勘違いして広めた事もあってハインリは内心激怒してましたが当時は戦争してラスタを盾にしてナビエ様を得ようと考えていたためにむりやり我慢して反論はしませんでした~偉い!
ハインリの誕生会の時の失態により捕らえ、公式にソビエシュにお伺いを立てたらリルテアンの息子が王位継承者の為にラスタとの娘の将来の邪魔になるから5年ぐらい西で牢屋にいれちゃっても構わないとOKされました
ソビエシュそんなこと忘れて知らんぷりしてやがる上にハインリのせいだけにして訴えるんですかね
娘なき今、ソビエシュ種無し疑惑もあり後継者問題の為に魔法使い連れて取り返しに来たのでしょうね
石詰めたのはホント余計でしたが、ナビエ様の言うとおり処分に関しての流れは適正だったと思います

そして魔力の減少現象は西で代々起こしていることではなくて自然現象による淘汰ですが、賢い賢いハインリが思い付いた方法で東大帝国の国防力低下の為に減少スピードを早めていたみたいです

巣問題は育ってきた環境が違うからすれ違いは否めませんが、2人なら乗り越えるはず!です!
3度もコメントして申し訳ありません
来週も楽しみにしております

返信する
kasiragi

なるほどーーー。思い出して、そうだったか!と腑に落ちました!! 有難うございます(^○^) ソビエシュに関しては私もかなり苛立ちましたが、、そもそも小賢しい性格で、だからこそラスタと似合いだった、と、思えば、諦めもつく?と(笑)、、東大帝国の民は気の毒ですが。でも所詮、女好き父王の息子ですもんね、反面教師にすりゃよかったのに、ね。ハインリナビエカップルは、何故か心配がない気がしますよね。イチャイチャ増加は熱烈歓迎ですが( ̄▽ ̄)(笑)
横レス、失礼しました。

返信する
セロ

>すずめさん
めちゃくちゃわかりやすい解説をいただきありがとうございました!!!登場人物、特にカタカナだと誰が何した人なのかもうわからず読み進めているので、とっても助かりますぅぅぅ!!!

返信する
皐月

こんばんは!!セロさん!!更新ありがとうございます!!

ソビエシュ!!しつこい!!\\\٩(๑`^´๑)۶////ホントに早く我が国へ帰れ!!
ナビエ様のソビエシュへの言葉!!かなりスカッとしました!!
もう、ハインリとナビエ様の邪魔をしないで欲しいです…
今更、入る隙間なんてない!!
ソビエシュはこのまま二重人格のままなんですかね?もうすぐ本編終了みたいですが?
これからの展開も楽しみにしております!!
セロさん、体調に気を付けてくださいね(*≧∀≦*)

返信する
セロ

>皐月さん
いつもありがとうございます♡
いやあ、今回のソビエシュはめちゃくちゃしつこかったです!!!笑
皐月さん怒っちゃうだろうなあと思ってましたwww
そうなんです、もうすぐ終わってしまうのに解決していないことや謎がまだまだ残されていて!
スッキリして読み終えたいのですが………

返信する
ジュリポン

セロ様お忙しい中更新ありがとうございますこれでまた1週間頑張れます。
率直な感想は、いや〜ソビエシュしつこい笑笑!空気読まない!けど何故だかホッコリしてしまう!アンチソビエシュの皆様すみません!

まぁ記憶無くなる前のソビエシュはあかん奴ですが、今は純粋にナビエ様好きで心配なソビエシュだから全く想いが伝わらずドンマイ!な気持ちになります。

でもやはりハインリとの愛が深まって行くナビエ様が幸せそうだし、ハインリを正しく導くナビエ様が流石です。ブラックハインリもっと見たい気もしますが、何にせよ19歳のソビエシュと今19歳のハインリ比べたらハインリが大人だな〜と思ったり!また次回の更新楽しみに待ってます♪

返信する
セロ

>ジュリポンさん
いつもありがとうございます♡
ジュリポンさんの意見に同意です!笑
ソビエシュしつこいと思いながらも、ちょっとほっこりしてしまうんですよね、ラスタの怖いシーンが蔓延していたときに比べたら物語の雰囲気変わりましたからね(笑)
そのぶんハインリとのイチャイチャが無くなってしまったので、そこはもう少しお願い!という感じですが……ソビエシュ19歳との比較面白いです(笑)

返信する
かわ

セロ様

いつも更新ありがとうございます!!

名探偵ソビエシュ(19)がツボに入りました。確かに、頭の回転は早いんですよね…憎めない…

沢山の手紙のサプライズは泣けますね…
これからも頑張って下さい!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。