【ある日、お姫様になってしまった件について】第90話の感想と妄想

「ある日、お姫様になってしまった件について」RIDIBOOKSによる韓国連載90話の感想と妄想です。

第90話の感想

今回はジェニットの辛い回で涙目で読みながら、フィリックスの色気ムンムンで興奮したり久しぶりの麗しいイゼキエル登場でニヤニヤな忙しい回でした。。。

第88話の感想と妄想はコチラから!

spoon先生のTwitterはコチラから!

イゼキエル!!!!!!!君のお父様大暴走中だよ!!!!救ってくれよう!!!!かっこいいよ!!!!!そしてフィリックスの部屋尋ねたらこんなラフな感じで扉を開けてくれるのかと妄想止まらず・・・もうどうしてくれるん鼻血止まらん。。。グフォッ

第90話本編

89話の続きでアタナシアとルーカスは今何が起こっているのかを話しているところです。

前皇帝のアナスタシウスが生きていたこと、そして皇室に忠誠を誓ったアルフィアス公爵が前皇帝側についたということ、クロードが黒魔法を使用したことを隠蔽するためと思われてしまうため無暗に攻撃できないということをアタナシアは整理して、今後どうするかについて悩みます。

そんな中、ルーカス。皇族や貴族は面倒くさいな、俺の力を借りようともしないでと心の中で思うもアタナシアに筒抜け。(ちょっと可愛い。アタナシア傷つけたやつは何でも殺しちゃうヨってなるルーカス最強すぎるwww)

しかしアタナシアは冷静に。前皇帝を殺したら私とパパが殺したと世間にはわかってしまうし、出席者たちの記憶を操作したらそれによる副作用もあるかもしれない(し、進撃???始祖の巨人的な能力ルーカス使えちゃうん!?!?なんでもありな世界なん!?!?)、だから魔法に頼るのは良くないと思う、と。

「何より、パパを、家族を二度も殺した人にしたくない」

そう言うアタナシアは本当にクロードの娘の顔をして悲しんでいます。パパがなぜ先皇と貴族を嫌悪していたのか今やっとわかった、笑いながら中傷して、ご機嫌取りしたかと思えば噂一つですぐに手のひら返し、そんな貴族たちが嫌だったんだと思うアタナシア。アナスタシウスをはじめ、アタナシア視点だからか怖いサイコパスな顔をみなさんしています(ガクガクガクガクガクガクガク)

そして、ジェニットは一体何なんだ、と尋ねるルーカス。あいつはアルフィアス邸に住んでいるんだよね?それに宝石眼?俺に何か説明することはない?と鋭いルーカスくん発動。あれ、知らなかったんだっけ???アタナシア、察しの良いルーカスのことだから、もう全て知っているとみるべきだろうとジェニットの父がアナスタシウスであること、自分のことを実の妹でクロードを父親だと思っていることを話します。

(父親だと思っていた人が本当の父親ではなかった。この状況をジェニットはどう思うんだろう)

でこっからジェニット視点です。。。俯くジェニット。悪い予感しかしない。シロおじさんノックして部屋に入ってきます。

シロおじさん、わざと隠したわけではない、私も先皇が生きているとは知らなかったから・・・と言い訳(事実?シロおじさんはジェニットがクロードの本当の娘だと思ってたんだもんね?え?シロおじさん操り人形から戻った?????)

そんなことより陛下とアタナシアのことが気になっているジェニット。アルフィアス公爵と本当の父親がアタナシアにひどいことを言ったらしいという情報を持っているジェニットは、連絡を取りたいけど自分のことまで嫌いになってしまったのではないか、と俯く。(嫌いにならないよおおおおおおおおおお;;;;;;;;;;;;)

「ジェニット、まだアタナシア皇女のことを心配しているのか。その方は君が想っているような人ではないんだよ」とシロおじさんのあの赤目再発(ひえええええええええええええええええええええええええええ)。操られたり、正気に戻ったりを繰り返してる???????赤い目をしたときだけアエテルニタス?でも正気に戻ったらすぐにクロード派(アタナシア派)に戻るよねシロおじさん!?誰か早くシロおじさんを救ってくれ~~~~~~~~~~~~~~(あらぶる)

ずっと家族だと思ってた二人は監視するために傍に置いたと言われ、自分は優しくしてくれた紳士様の実の娘だった。紳士様は本当に暴君なの?と今までのことを思い出して困惑するジェニット。(重い、重すぎるよ。。。自分の父親がオベリアを救った側じゃなくて陥れようとしていた暴君だったという事実、そして家族だと思ってた二人との距離。彼女まだ15歳とかでしょ!!!!!!もう追いつめるのやめてよシロおじさんの中の人!!!!!!!!!!!!)

アタナシアのことを信じたい、自分の知っているアタナシアが全てと思いたいのに過去に自分が家族と言われて戸惑ってしまったアタナシアを思い出し、そしてアタナシアから市場でプレゼントされたブレスレットが切れて散らばってしまいます。。。

「そんな安っぽいブレスレットなんて持っていたのか?」

そう言い残して部屋を去るシロおじさんの中の人!!!!!!!許せない!!!!!!!本気で許せない!!!!!!!!!(涙涙涙涙涙涙)

『これ、プレゼントです。腕につけていると願いが叶うそうです』思い出すのはブレスレットをくれたアタナシアの笑顔

(なんで…切れるの…)

『みんなで幸せに過ごせるようにしてください!』幼少期からの願い

切れたブレスレットがまるで「そんな願いは叶わない」と嘲笑っているように見えるジェニット。それでも信じたい気持ちも捨てきれない、ジェニットは悩み続けます。

泣いた。ずっと泣いた。ジェニットはアルフィアス邸で大事に育てられながらも、本当の家族のように愛情を貰いたかっただけ。父であるクロードと妹であるアタナシアと家族一緒にずっと過ごしたかっただけ。でも自分の本当の家族は暴君として知れ渡る男だった。家族とは?誰か(アタナシア)ジェニットを救ってくれ頼むまじで。。。。。。。ジェニットがアタナシアのこと好きすぎて辛い。それが一方通行のように見えているのが更に辛い。アタナシアがジェニットのことも気になるけど問題山積みでフォローできないからジェニットの一方通行の想いになってしまっているのが辛い。ああ辛い。。。

場面変わって、コンコンとされて部屋から(*’ω’*)を覗かせたのは最近超イケメン男のフィリックスくん。なんかシャツだと筋肉めっちゃくっきりしてない!?あれもっとすらっとしてるイメージだったんだけど!?!?とドキドキ。なんか恋愛ゲームのワンシーンのようなフィリックスにこれだけで何通りもの台詞を当て込んで妄想ができそうですムフフ

頼んでないのにお茶をメイドが持ってきて、不思議に思うとほんと察しの良い男なフィリックスくんはティーカップの下に手紙が置かれていることに気が付きます。(前までポケポケほわわ~んとしてたフィリックスは何だったの!?あれもフィリックスだけど、平和ボケしてたってこと!?人が変わったかのように真面目な顔しかしてないんだけど!?!?クロード寝込んでるし当たり前・・・か?)

手紙の送り主は「Ijekiel・Alpheus」きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああ(\\\歓喜///)

闇夜の小屋にひっそりと佇む怪しい影。そして小屋へと入ってくる長身の男。イゼキエルとロベイン卿の対面!!!!!!!!!!!!!!で次回!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

月夜バックでマントから(*’ω’*)覗かせるフィリックスなんなん色気ありすぎて困るんだけど!!!!!!!!!!!!こんな美しい(*’ω’*)で愛を囁かれた過ぎてやばい胸がぎゅんぎゅんする止まらないああああああああああああああああああああ

次回はイゼキエルがフィリックスに何を告白するのか?気になります!!!!!!

第90話後の妄想

さあさあ面白くなってきましたよ~~~これから3つの視点で再び物語が進んでいきますね!

①フィリックス×イゼキエル

イゼキエルが父が前皇帝に操られていることを話すことは間違いないですかね。その中にいるアエテルニタスにまでは気付けないでしょうが・・・。これでシロおじさんの無実の証明と、シロおじさんを元に戻す方法について考えて欲しいですね!こっからルーカスに助け求めに行って、イゼキエルもルーカスもいやいや協力する展開になるとか。。。いや今は家族や姫様のために頑張ろう的な感じで初めて協力する二人が見れてもアツい!で、アタナシアに関連するいいところはフィリックスがかっさらっていって、ルーカスが「あの野郎消してやる」とか言って暴走しちゃっても面白い。

②ジェニット×アナスタシウス×シロおじさん

アルフィアス邸の三人ですね。これはジェニットを上手に洗脳していくんでしょうね!ええ!許さないけどね!?!?ジェニットの乱れた気?のようなものに前アナスタシウスは反応していたので、ジェニットの魔力を使って何かしようとしているんじゃないかなと。アタナシアとコンタクト取らせて直接危害加えさせるとかね。そんなことになったらジェニたんもう立ち直れないじゃんほんとやめて。。。あと実はシロおじさんが洗脳解けてて二重スパイとかやってたらかっこいいwwwwwwwwそしたら超歓喜するシロおじさんwwwwwwwwwアナスタシウスはジェニたんに娘への愛情をどうにか、どうにか捧げてくださいよ

③アタナシア×ルーカス×クロード?

いつまでクロードをおねんねさせてるの~~~~~~~~~~!?!?!?!?早く起こしてよ!どうしたら黒魔法解除できるんや!?(原作とは違うと思ってていいよね!?)やはり愛?クロードが夢の中とかで何かを乗り越えていたら良い。ダイアナと出会ってから別れまで、アタナシアの幼少期から現在までのクロードの心情を10話に渡り全て垂れ流してほしい!!!!!!!!!!!!

「俺があいつと出会ったのは、あるパーティーでのことだった」

「俺が再び娘と出会ったのは5歳になった頃、石像にかじりつく小さな姿を目にしたことは今でも覚えている」

回想始まっちゃって~~~~~~~~!!!!それで愛情を思い出して、感情を取り戻してダイアナの記憶を取り戻して、そうしたら黒魔法って消えるんでないの!?ちがうの!?!?!?

ある姫でいつまでもパパお休みってないと思うんだけど、こんなのもありじゃないかな~~~あったらわたし毎話歓喜だな~~~~~~~

とまあとっても願望を込めた展開予想でした!

ある日、お姫様になってしまった件についての二次小説まとめ

1/3フィリックス×アタナシア(フィリアタ?)小説更新しました!!!↓↓

ブクマ数100超えたので調子に乗って第二弾書きました♡♡

あと先ほど書いたオリキャラ視点のクロード×アタナシアの小説も是非!

第91話の感想と妄想はこちらから!

次回更新は2021年2月10日になります。

ああ続きが待ちきれない!!!

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

2 COMMENTS

ハルノ

セロさん、ある姫の方も更新ありがとうございます。
そんな展開だったのですね。
昨夜Twitterで公式の絵を観て、「フィリックスの胸筋、きようきん・・・っ」と鍵垢で叫んでしまいました。
おうさまのみみはろばのみみ。
全てが丸く収まることを祈りつつ…。
とりあえず今はフィリックスの気痩せぶりに阿鼻叫喚です。←まだ立ち直れていない

返信する
セロ

>ハルノさん
ある姫の感想も読んでいただきありがとうございます♡♡
フィリックスの胸筋やんばいですよね!その呟き共感しかありません♡ポチ
ちょっと物語のシリアスさがぶっ飛びましたwわたしも未だに立ち直れていませんw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。